ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年国勢調査を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月10日

令和2年国勢調査にご協力をお願いします

国勢調査は、国内の人口や世帯の実態、就労状態などを明らかにするため、統計法に基づいて5年に一度実施される国の最も重要かつ基本的な統計調査です。

この調査は、大正9年(1920年)の第1回調査以来、今回で21回目、100年の節目を迎えます。

1 調査期日

令和2年10月1日(木曜日)を調査期日として実施します。

2 調査対象

令和2年10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とします。

3 調査項目

(1)世帯員について

  「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「就業地又は通学地」など15項目

(2)世帯について

  「世帯員の数」、「世帯の種類」、「住居の種類」、「住宅の建て方」の4項目

4 調査の流れ

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、調査員訪問時は原則インターホン越しでの説明、郵便受け等への投函になります。また、対面での説明が必要な場合は、マスク着用の上、一定の距離を保ちながら対応するなど、町民の皆さんと調査員の安心・安全を確保しながら実施しますので、ご理解とご協力をお願いします。

総務省統計局ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた令和2年国勢調査の実施について」<外部リンク>

調査票の配布

9月14日(月曜日)以降、調査員が各世帯を訪問し、『インターネット回答利用ガイド』、『調査票』などを配布します。

回答方法

回答方法は、「インターネット回答」または「紙の調査票(郵送もしくは調査員による回収)による回答」がありますが、パソコンやスマートフォンから、24時間いつでも簡単に回答ができる「インターネット回答」が便利です。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、「インターネット回答」へのご協力をお願いします。

◆インターネット回答期間    9月14日(月曜日)から10月7日(水曜日)

◆調査票(紙)による回答期間 10月1日(木曜日)から10月7日(水曜日)

 

【インターネット回答のメリット】

・仕事で帰宅する時間が遅くなったり、日中不在がちにすることの多い世帯でも、インターネット回答受付期間中は、いつでもお好きな時間に回答できます。

・インターネットで回答された世帯は、紙の調査票の提出が不要になります(例えば、1枚の調査票で世帯員4人まで記入できますが、世帯員5人以上となる場合は、調査票を2枚記入する必要があり、その手間が省けます)。

・インターネット回答における通信はすべて暗号化されており、また、人目に触れる機会が少ない分、プライバシーが守られます。

5 調査結果の公表

調査の結果は、「人口速報集計」を令和3年6月に公表し、その後、年齢別人口や世帯の状況などを集計した「人口等基本集計」を令和3年11月までに公表する予定です。

公表した結果については、総務省統計局のホームページのほか、都道府県立図書館などで、どなたでもご覧いただけます。

6 調査結果の利用

国勢調査で集計された結果は、国や地方公共団体が行政施策を進めていくうえでの基本資料として利用されるほか、民間企業や大学、研究機関など各方面で幅広く活用され、国民生活に役立てられています。

7 関連リンク

国勢調査2020総合サイトが開きます国勢調査総合サイトが開きます<外部リンク>

福島県国勢調査2020特設ページが開きます福島県国勢調査2020特設ページが開きます<外部リンク>

 


ページトップへ戻る