ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす産業・しごと産業振興林業「野生きのこ」の出荷停止について

「野生きのこ」の出荷停止について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月6日

 昨年、町内で採取された野生キノコから基準値(100ベクレル)を越える放射性物質が検出されたことから、すべての野生キノコは出荷停止となっています。このため、町内で採取したマツタケなどの野生キノコは、すべて出荷・販売できません。

 なお、原木や菌床で栽培されているキノコについては、モニタリング検査の結果、基準値を超えたものはありませんのでこれまでどおり出荷・販売できます。また、栽培キノコは各生産段階で厳重な検査を行っていますので、販売しているものは安心して購入してください。


ページトップへ戻る