ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらしの情報上下水道上水道飲料水の放射性物質モニタリング検査結果について

飲料水の放射性物質モニタリング検査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月31日

 西会津町の飲料水(水道水)の放射性物質検査は、町が水道蛇口から採水した上水(蛇口水)を福島県に提出し、毎月1度測定検査を実施しています。
 

1.西会津町の飲料水の放射性物質モニタリング検査について

福島県による飲料水(水道水)モニタリング検査の結果

検査対象事業

  • 上水道(2施設)…大久保浄水場・小島浄水場
  • 簡易水道(7施設)…奥川・新郷・宝坂・杉山徳沢・尾登・高陽根・小綱木

  ※検査結果は福島県ホームページの会津地方PDFファイルをご覧ください。
  [飲料水(水道水放射性物質モニタリング検査結果<外部リンク>

 

【放射性物質参考】

  • 放射性ヨウ素…半減期が8日と短く、食品中の蓄積や人体への移行の程度が小さいです。
  • 放射性セシウム…体内に入ってもほとんど尿として出てしまいます。代謝など人体の生理的な働きで体外に排出され、60日後には取り込まれた量が半分になります。

 

2.飲料水(水道水)への放射性物質の影響について

 福島県のホームページに掲載している「放射能に関する知識」の一部を町ホームページにも掲載しますのでご覧ください。

 ご不明な点がありましたら建設水道課上下水道係(0241-45-4534)までお問い合わせください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ページトップへ戻る