ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

都市再生整備計画の事後評価について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月28日

 野沢地区では、都市再生整備計画に基づき、平成25年度から道路新設や公園整備などさまざまな事業を進めてきました。事業が完了したことから、事業の成果や目標達成状況などを検討し今後のまちづくりのあり方を検討するため、事後評価を行いましたので公表します。

 

都市再生整備計画とは

 都市再生整備計画とは、都市再生特別措置法に基づき市町村が策定する計画で、まちが抱えている課題を解決するために目標を立て、その目標を達成するために必要な事業等を記載したものです。都市の再生に必要となる公共公益施設の整備等に関する事業やまちづくりに関するソフト事業を一体的に盛り込んでいます。

 都市再生整備計画により実施される事業に対して、事業費の一部に国からの交付金が交付されます。都市再生整備計画については、下記のファイルをご覧下さい。

​     都市再生整備計画(西会津町)変更2015[PDFファイル/1.96MB]

     都市再生整備計画(整備方針概要図)[PDFファイル/1.65MB]

 

事後評価の目的

 事後評価は、都市再生整備計画事業によって得られた成果やその実施過程、成果の原因などを評価・分析し、今後のまちづくりのあり方を検討することや事業の成果などを住民の皆さんに説明することを目的としています。

 

事後評価の公表

 都市再生整備計画の事後評価を下記ファイルのとおり公表します。

  ■ 事後評価シート(平成30年3月) [PDFファイル/4.45MB]

      ​(参考)事業前後の写真 [PDFファイル/759KB]

      (参考)評価値根拠資料 [PDFファイル/1.28MB]

 

  ■ フォローアップ報告書(平成30年6月) [PDFファイル/588KB]

      (参考)評価値根拠資料 [PDFファイル/1.28MB]

     

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ページトップへ戻る