ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらしの情報生活・環境ごみ・リサイクルごみの決めごと、町で収集していないもの、直接搬入できるもの

ごみの決めごと、町で収集していないもの、直接搬入できるもの

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月2日

混ぜればごみ 分ければ資源
家族みんなでごみ減量化・リサイクルに取りくみましょう!!

  • 収集日の朝8時までに出してください。(前日・前夜に出さないでください。)
  • 決められた場所に出し、他地区の収集場所には出さないでください。
    (地域によって収集日が異なります。収集場所は自治区や利用者で掃除をしています。)
  • 町の指定袋に入れて出して下さい。
  • ごみは自分の土地に捨てることも法律で禁止されています。分別排出を守るとともに、ごみのポイ捨てや不法投棄を防止し、みんなで清潔な町をつくりましょう。

決められた日・決められた場所・決められた袋に朝8時まで!

分別の種類ごとの出し方

 燃やせるごみ 町指定袋:半透明(赤字)

燃やせるごみ (生ごみ、ゴム、革類、木くず、布類、など)

≪町指定の可燃ごみ専用袋≫で出してください

  • 生ごみは、なるべく堆肥化するなどしてください。ごみとして出すときは水切りを十分に行ってください。
  • 庭木の剪定枝などの木くずは、60cm以内に切って束に縛って出してください。
  • 毛布や布団類はたたむか、小さく丸めて紐で縛って出してください。
  • オムツは汚物を取り除いてください。
  • 油は固めるか、紙や布にしみこませて出してください。

 

 

燃やせないごみ 町指定袋:透明(青字)

燃やせないごみ(金物類、ガラス・陶磁器類、プラスチック玩具などのプラスチック製品そのもの、小型電化製品など)

≪町指定の不燃ごみ専用袋≫で出してください

  • 割れたガラスなどを出すときは、新聞紙など包み名称を書いてください。
  • 塗料などのスプレー缶は、穴をあけガスを完全に抜いてください。
    汚れがとれない缶、びん、プラスチック製容器包装は「燃やせないごみ」として出してください。
  • 指定袋に入らない大きなものは、「粗大ごみ」のときに出してください。
  • 鉄くずや針金は出さないで下さい。

 

 

空き瓶 専用コンテナに色別に入れてください。

(飲料、調味料等のびん)空き瓶

蓋をとり≪色別に専用コンテナ≫に出してください

  • 中を洗って、色別に分けてコンテナに入れてください。
  • 王冠や金属製のキャップは「燃やせないごみ」として出してください。
  • プラスチック製のキャップは「プラスチック製容器包装」として出してください。
  • 化粧品、乳白色、油のびんなどは「燃やせないごみ」として出してください
  • 日本酒などの一升瓶やビール瓶は、販売店に戻すか、集団回収に出してください。
  • 農薬などの瓶は、収集しません。

 

 

 

 

空き缶 専用コンテナにいれてください。

空き缶(飲料、菓子缶、缶詰などの空き缶類、カセットボンベ)

≪専用コンテナ≫に出してください

  • 中を洗って、スチール・アルミを一緒に専用コンテナに出してください。
  • 錆びたものや汚れが取れないものは「燃やせないごみ」として出してください。
  • カセットボンベ、ヘアースプレーは、穴をあけガスを完全に抜いてください。
    (ただし、塗料、殺虫剤、スプレー缶は穴をあけ、ガスや内容物を抜いて「燃やせないごみ」に出してください。)
  • 煙草の吸殻などの異物が入った缶は、「燃やせないごみ」として出してください。

 

 

 

 

ペットボトル 専用コンテナに入れてください。

(飲料、酒類、調味料等のボトル)ペットボトル

ペットマークのついているものが対象となります。

≪専用コンテナ≫に出してください

  • キャップとラベルを取り、中を洗って出してください。
  • キャップとラベルは「プラスチック製容器包装」として出してください。
  • 汚れが取れないボトルは、「燃やせないごみ」として出してください。

 

 

紙パック 収集場所に出してください。

(牛乳などの紙パック)

紐で十文字に縛って出してください。

  • 切り開いて水洗いし、乾かしてから出してください。その際、プラスチック製の注ぎ口は切り取って(プラスチック製容器包装)ください。

紙パック 

段ボール 収集場所に出してください。

紐で十文字に縛って出してください。

  • 段ボール以外の紙容器は、「紙製容器包装」に出してください。

ダンボール

白トレイ 回収ボックスに入れてください。

 白トレイ惣菜などの白色のトレイが対象となります。

≪別に示す回収容器設置店の回収コンテナ≫に出してください。

また、スーパーなどの店頭回収にも出せます。

  • 水などですすぐか、紙で汚れを拭き取って汚れのないものを出してください。
  • 色や柄つきのトレイは、「プラスチック製容器包装」に出してください。

回収容器設置店

  • (野沢)石川屋商店 サンマート青木屋
  • (上野尻)市橋商店
  • (奥川)丸美屋商店 福島屋商店

プラスチック製容器包装 町指定袋:透明(緑字)

プラスチック食料品や日用品を入れたり、包んでいたもので、中身を食べたり使用したことで不要になったプラスチック製の容器や包装材が対象となります。

プラの識別マークが付いています。

≪町指定のプラスチック製容器包装専用袋≫で出してください。

  • 中身を使い切り、汚れが付いているときは、水ですすぐか紙などで汚れを拭き取って汚れのない、乾いているものを出してください。
  • 専用袋にプラスチック製容器包装をそのまま、まとめて入れてください。(レジ袋に入れたままでは出さないでください。)
  • 汚れが落ちていないもので、柔らかいものは「燃やせるごみ」。固いものは「燃やせないごみ」に出してください。
  • 色付きトレイも対象になります。
  • 値札などのシールは、はがさなくて結構です。

 

 

紙製容器包装 収集場所に出してください。

紙製の箱や袋、包装紙類が対象です。紙製容器包装

紙の識別マークが付いています。

  • 大き目の箱類はつぶして紐で十文字に縛って出してください。
  • 小さい菓子袋などの縛りにくいものは、紙袋などに入れてから紐で十文字に縛って出してください。

 

 

粗大ごみの収集について 粗大ごみ収集(別途通知する日)に出してください。

家具・たんす・自転車、机など大型のごみは、粗大ごみ収集の際に出してください。粗大ごみ収集は、年に数回日程を決めて実施します。

詳しくは、チラシをご覧ください。

事業系ごみ

  • コンビニ、スーパー、小売店などの段ボール箱や、発砲スチロール箱、魚、青果、花などの処分ごみ、飲料の空缶、ペットボトル、弁当容器など
  • 事務所の書類や伝票類
  • 飲食店等の生ごみ、廃油、酒類のびんなど

商店、事務所、飲食店などの事業活動から生じたごみは、一般家庭の収集ステーションには出せません。環境センター山都工場に自己搬入するか、廃棄物収集運搬許可業者に依頼して処理してください。

※許可業者

  • 株式会社野沢商事 0241-45‐2814
  • 株式会社奥川商会 0241-45‐4488

家電5品目の処分

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、冷凍庫、エアコンの処分方法は、次の3つとおりの方法があります。

(1)自己処分する

郵便局から家電リサイクル券(管理票)を購入して、必要事項記入後、廃棄するものに貼り付け、下記の「指定引助所」に持ち込んでください。

「指定引助所」は次のとおりです。

  • 株式会社会津丸三
  • 住所 会津若松市河東町八田字大野原205
  • 電話 0242‐94‐2041
  • 日本通運株式会社会津若松支店
  • 住所 会津若松市神指町大字黒川字村北24‐1
  • 電話 0242‐22‐6417

※メーカーごとのお問合せは、町民税務課民生活係(0241-45-2215)にお願いします。

(2)買い替えの際に販売店に依頼する

家電5品目を買い替えた際に、販売店に廃棄するものを持ち込み、手数料等を負担して処分を依頼する。

(3)廃棄物収集運搬許可業者に依頼する

廃棄物収集運搬許可業者に廃棄するものを持ち込み、手数料等を負担して処分を依頼する。

  • 株式会社野沢商事
  • 住所 西会津町野沢字上條道西甲132番地2
  • 電話 0241-45-2814
  • 有限会社奥川商会
  • 住所 西会津町奥川大字飯沢字上ノ窪1785番地
  • 電話 0241-45-4488

プラスチック製容器包装の分別を徹底しましょう

プラスチック製容器包装の分別対象となるもの

分別ごみ(1)プラスチック製のボトル類

  • 食用油・たれ・乳酸飲料などの容器
  • 洗剤・シャンプー・リンス・化粧品・などの容器
  • うがい薬・目薬などの容器

(2)プラスチック製のカップ・パック類

  • カップ麺・プリン・ゼリーなどのカップ
  • 卵のカップ・乾電池などのパック
  • 薬・化粧品・日用品などのケース
  • コンビニ弁当・納豆・豆腐などの容器

(3)プラスチック製のトレイ(皿型の容器)類

  • 果物などのトレイ
  • お惣菜・生鮮食品・お寿司などのトレイ
  • お菓子・海苔・カレールーなどの仕切りトレイ

(4)プラスチック製の袋・ラップ類

  • パン・お菓子・野菜などの袋
  • 飴などの包み
  • インスタント食品・冷凍食品などの袋
  • 生鮮食品・コンビニ弁当などのラップ
  • カップ麺などの外側フィルム
  • レジ袋・衣料品・トイレットペーパーなどの袋

(5)プラスチック製のチューブ類

  • マヨネーズ、ケチャップ・練りわさびなどのチューブ
    ※中がきれいに汚れがとってあるものに限ります。

(6)プラスチック製の蓋・ラベル類

  • ペットボトル・スプレー缶・ビン類のフタ、ラベル

(7)プラスチック製のネット

  • みかん・たまねぎなどのネット

(8)その他

  • 果物・家電製品などの商品を保護する発砲スチロールやシート

  •  

プラスチック製容器包装の分別対象とならないもの

※プラスチック製であっても、商品の付属品や製品そのものは対象となりません。

(例)

飲料パックのストロー、弁当のスプーン、液体洗剤・シャンプーなどのポンプ、洗剤などの計量スプーン、おもちゃ、ビデオテープ、コンパクトディスク、食器、ボールペン・定規などの文具、歯ブラシ、洗面器、ジョウロ、バケツ、ハンガー、使い捨てライター、水きり用ネットなどは容器包装ではありません。「燃やせないごみ」として出してください。

パソコンのリサイクルについて

不要になった家庭用パソコンは、「資源有効利用促進法」により町では回収しませんので、パソコン製造メーカーに回収の申込みをしてください。

リサイクルの対象機器

  • デスクトップパソコン本体(ディスプレイ一体型を含む)
  • ブラウン管型または液晶ディスプレイ
  • ノートブック型パソコン

※キーボード、マウス、ケーブル、などの付属品もあわせて回収します。

※プリンター、スキャナーなどの周辺機器などは対象となりません。

不明な点は、購入された販売店または「パソコン3R推進センター」(電話03‐5282‐7685)にお問い合せください。

【環境センター山都工場からのお願いとお知らせ】

お問合せ先 喜多方市山都町大字小舟寺字二の坂山乙2619-1

電話 0241‐38‐3005

指定された収集日以外に、どうしても処分したい場合には、自前での搬入もできます。

搬入できるもの 可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ

ただし、次のものは山都工場に搬入できません。町が行う粗大ごみ収集の際、有料で処理できます。

(農業用ビニールシート、金庫、ボイラー、ホームポンプ、電気温水器、モーター、セニヤカー、ドラム缶、風呂釜(五右衛門、ホーロー、ステンレス)、ワイヤー、ホームタンク、金属類(鉄筋、トタン、波板、釘、針金など)、バイク、農機具類、廃コンクリート、ブロック類など)

1 「混ぜればごみ・分ければ資源」の出前講座を随時行っています。

各市町村の町内会や婦人会等の会合に積極的に参加し、ごみの減量化・リサイクルの徹底を訴えています。

2 工場設置見学を積極的に受け入れています。

学校や地域団体の施設の見学や視察研修を積極的に受け入れてます。

3 不法搬入者(無許可営業者)阻止運動を展開しています。

構成市町村の負担金で運営されている施設であることから、職員による監視体制を強化して不法な搬入を防止しています。

根拠法令「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条第1項第1号」

(無許可で一般廃棄物又は産業廃棄物の収集、運搬、処分を業として行ったものは5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。)

4 資源物水際回収作戦を実施しています。

一般持込の人に対して、紙等の資源物(段ボール・新聞紙・雑誌・紙製容器包装)の回収ボックスを設置し、焼却ごみの減量とリサイクルの推進を図っています。

又、搬入されたごみの中から、職員自らペットボトルを回収しリサイクルに努めています。


ページトップへ戻る