ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・医療・福祉保険・年金国民健康保険交通事故などにあったとき(国民健康保険)

交通事故などにあったとき(国民健康保険)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月9日

第三者行為

 交通事故など、第三者から傷病を受け、西会津町国民健康保険で治療を受ける場合、国民健康保険法施行規則第32条の6の規定により「第三者行為による傷病届」の提出が必要です。
 この場合、国民健康保険法第64条第1項の規定に基づき西会津町国民健康保険が医療費を立て替え、あとで相手方(加害者)に費用を請求(代位取得した損害賠償請求権に基づく求償)することになります。

 

注意

・相手方(加害者)からすべての治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、西会津町国民健康保険による医療が受けられない場合や、すでに西会津町国民健康保険で治療を受けていたときは、医療費の返還を求められる場合があります。
・治療費を受け取った場合にはその日時と金額等を西会津町国民健康保険に報告してください。
・示談をするときは、事前に西会津町国民健康保険に電話などで相談してください。

・交通事故にあったら、まず警察に届け出るとともに、必ず西会津町国民健康保険窓口まで、ご連絡ください。その後「第三者行為による傷病届」を提出していただきます。

※医療を受ける際には、傷病を受けた原因(交通事故等)を必ず医師に話しましょう。
※事故にあったときは、必ず警察署に届け出て、加害者の「氏名」、「住所」、「連絡先」を聞き、メモを取りましょう。

「第三者行為等による傷病届」の手続きに必要なもの

必要書類
書類名備考
第三者行為による傷病届 [Wordファイル/53KB]


記入者:被害者(被保険者)
 

念書 [Wordファイル/22KB]
記入者:被害者(被保険者)
 
誓約書 [Wordファイル/32KB]


・記入者:加害者(相手方)
・相手方の過失割合が極端に少ないなどのため入手不能の場合には
 西会津町国民健康保険にご相談ください。
 

事故発生状況報告書 [Excelファイル/33KB]

※事故証明書も必要になります。


・出来るだけ詳しく書いてください。
・既に自賠責保険会社等に提出している場合には写しでも可能です。
・報告者は、加害者、被害者どちらが作成してもかまいません。しかし、片方が作成した場合にはもう一方の当事者に必ず間違いがないかどうか確認してください。
・当事者双方の意見が食い違う場合は、それぞれ「事故発生状況報告書」を作成してください。
・加害者(相手方)に当たる人が複数いる場合には、加害者1人につき1枚作成してください。
 

 


Word Viewer<外部リンク>

Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word が必要です。
お持ちでないかたは、Wordのファイルを表示、印刷することができる
Word Viewerをバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Word Viewer<外部リンク>

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel が必要です。
お持ちでないかたは、Excelのファイルを表示、印刷することができる
Excel Viewerをバナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ページトップへ戻る