ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす産業・しごと産業振興林業「野生きのこ」の出荷制限について

「野生きのこ」の出荷制限について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月14日

 町内で採取された野生キノコから基準値(100ベクレル)を越える放射性物質が検出されたことから、すべての野生キノコは出荷停止となっています。このため、町内で採取したマツタケなどの野生キノコ(ナメコ、ムキタケ、マイタケを除く)は、すべて出荷・販売できません。

出荷制限品目は

1.年度が変わっても出荷できません

2.基準値以下(100Bq/kg)でも出荷できません。

3.乾燥や水煮などの加工品の原料にも使用できません。

4.フリマアプリ等を介した個人売買でも出荷できません。

5.他人への譲渡もご遠慮ください。

 

 なお、原木や菌床で栽培されているキノコについては、モニタリング検査の結果、基準値を超えたものはありませんのでこれまでどおり出荷・販売できます。また、栽培キノコは各生産段階で厳重な検査を行っていますので、販売しているものは安心して購入してください。

 

野生きのこ出荷制限位置図(平成30年3月29日現在) [PDFファイル/343KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ページトップへ戻る